トップ > 調査情報 > 東信 > 矢出川遺跡群 > 矢出川遺跡 平成25年度調査情報(2)

矢出川遺跡群

ふりがな
やでがわいせきぐん 
住所
南佐久郡南牧村矢出川  マップ
立地
八ヶ岳東南麓の火山性扇状地 
事業名
県営畑地帯総合土地改良事業(南牧地区農道6号改修) 
調査期間
平成25年10月~11月 
時代
旧石器 
遺跡の種類
散布地 
備考
 

2013年10月31日

矢出川遺跡 平成25年度調査情報(2)

―矢出川遺跡群の調査が進んでいます―

10月より調査が開始された矢出川遺跡群の最新の情報をお届けします。

 

【石核出土状況】

旧石器時代の石器の多くは石塊から打ち剥がされた石のかけらを素材として作られます。

打ち剥がされたかけらを「剥片(はくへん)」、残った石塊を「石核(せっかく)」と呼びます。

今回、黒曜石の石核(せっかく)がローム層中から出土しました。白っぽい色調の特徴から、八ヶ岳北部産の黒曜石と考えられます。

 

【石核のインプリント】

石核を地面からはずしてインプリント(遺跡に残された石器の圧痕)の記録をとりました。インプリントは長年石器が埋まっていた証拠となります。


 

【旧石器時代のブロック】

石器の集中出土地点(ブロック)を1ヶ所発見しました。このブロックからは10/25までに66点の黒曜石製の石器がみつかっています。石核のほか、ナイフ形石器(ないふがたせっき)や石刃(せきじん)があります。石器の特徴から3~2万年前のナイフ形石器文化の時期の石器群の可能性が考えられます


 

カテゴリ:矢出川遺跡群

ページのトップへ