トップ > 調査情報 > 北信 > 大道下遺跡 > 大道下遺跡 平成23年調査情報(1)

大道下遺跡

ふりがな
おおみちしたいせき 
住所
上水内郡信濃町 大字穂波  マップ
立地
丘陵の斜面 
事業名
一般国道18号(野尻バイパス)改築工事に伴う埋蔵文化財発掘調査 
調査期間
平成23年 
時代
旧石器・縄文・平安  
遺跡の種類
散布地・集落跡 
備考
 

2011年9月26日

大道下遺跡 平成23年調査情報(1)

本格的な発掘調査は8月17日から始まり、9月16日に終了しました。調査によりみつかった遺構は陥し穴状土坑1基、柱穴状遺構1基でしたが、遺構内から遺物が出土しため、遺構の時期を決定できませんでした。その他に平安時代の土師器片が十数片見つかっています。
【遺跡に近い野尻湖の風景】
大道下遺跡のある上水内郡信濃町には野尻湖や黒姫山など豊かな自然に囲まれています。

【遺跡付近にあるナウマンゾウの像】
野尻湖はナウマンゾウの化石が出土することで知られています。

【大道下遺跡遠景(西より)】
大道下遺跡は野尻湖南岸から約3㎞の丘陵斜面にあります。

【調査風景】
縄文時代以降の住居跡や土坑を探すため、掘削した地表を精査しています。

【大道下遺跡の土層】
黒色と黄色の境界部分がおよそ1万数千年前の地層です。約4万年前の地層まで掘り下げてあります。

【土器出土】
平安時代の細かい土器片が出土しました。調査区が狭いので遺構をみつけることはできませんでした。

【陥し穴?】
陥し穴らしき掘り込みがみつかりました。時代は不明です。

カテゴリ:大道下遺跡

ページのトップへ